<?php the_title(); ?>

何度も

何度も「よく飽きないよね~・・・」
と、恋愛サイクルの短い友達は感心したように私にいいました。

私と彼はお付き合いをしてもう3年が過ぎようとしていました。
思い返せば長い道程だったようにも感じられるのですが、実際には
「あれ?もうそんなに経ったんだ??」
という気持ちでいっぱいでした。

彼と知り合って、徐々に好きになって・・・そして「この人の彼女になりたい」と思うようになりました。
2人の時間を作れるように私も頑張りましたし、彼もよく誘い出してくれていました。
交際がスタートしたのも、とても自然なことだったような気がします。

そこから私は彼に何度も恋をしていくことになるのです。
継続しているかのように見える私たちの関係ですが、中身としては「また1つ彼に恋をした
という感覚のほうが強かったのです。
良い側面を1つ見つけたり、改めて感じたりすると新しい恋がそこにあるような気持ちになれるのです。
・・・そういう気持ちになれる私は珍しいのでしょうか(笑)

彼にその気持ちはその都度、ダイレクトに伝えていましたし
半分照れながらも、その言葉を聞いてくれていました。
こうして私は彼との関係を何度も新しいものに変換しながら進んで行くのです。

ページ上部に